住宅ローンの支払いが間に合わない!

月々の支払額を減らしてもらう

住宅ローンの返済で遅延した場合、金融機関に早く相談することが大事ですが、実際に金融機関に相談すると、どういう措置が取られるのでしょうか?

 

まず、一つの方法として、返済期間を延長して月々の支払額を減らしてもらう方法があります。

 

 

これは会社の業績悪化などでアテにしていたボーナスが出なくなってしまった人や、大幅な年収ダウンで住宅ローンの返済が出来なくなってしまった人に有効です。

 

早く返済したくて、設定金額を高くしていた人も、返済期間を延ばす代わりに、月々の返済額を安くできます。

 

住宅ローンの毎月の返済額がしんどいと思った場合は、返済の遅延に関わらず、一度金融機関に相談してみるのも一つの手段です。
返済期間が延びてしまうと、やっぱりサラリーマンの場合は、退職年齢の関係で、それ以上伸ばすことができない可能性もありますが、毎月の返済がかなり楽になりますので、相談をするだけでもしてみたほうがやはりおすすめです。

 

特に毎月10万円以上の返済金額を設定している人は、やはり後に苦しくなってしまう人が多いです。
子供の学費などもお金がかかってくると、毎月10万円以上の固定費は、家計を圧迫してしまいます。

 

住宅ローンの返済金額は、簡単には変更できませんので、やはりよくよく考えて、住宅ローンを考えるべきですね。
特にボーナスをアテにして住宅ローンの返済を考えている人は、計画が狂いやすくなってしまいますので、大変危険です。

 

状況に応じて利息だけの支払いも

さらにリストラなどで、長期の支払い遅延が見込まれる場合は、相談によっては【利息だけの支払いで元金は据え置き】という手段もあります。

 

利息だけであれば、リストラ中でも、なんとか貯金を崩しながら払っていけるケースもあります。

 

 

その間、元金は減りませんが、住宅ローンの固定費がかなり安く済みますので、家を取られる心配なく、就職活動に専念できます。
しかし、住宅ローンの遅延措置は、各金融機関によって、全く違います

 

A銀行では、利子だけの支払いでOKであっても、B銀行ではそのような措置を取っていないケースもあります。
自分一人では交渉が難しいと思った場合は、住宅ローンの問題を専門に扱っている弁護士さんや業者さんを通して話を進める方法もあります。

 

住宅ローンの返済遅延は、やはり問題は債務者にありますから、自分の望むような方法で措置を取ってくれないからと言って不満を金融機関などにぶつけるのは避けましょう。
ますます心象が悪くなりますので、やはり借り入れ先の金融機関の決定に従いましょう。

 

やはり生活費の中でも、住宅ローンは一番大きな固定費になってしまいますので、軽減してもらえるのであれば、一番楽になってきます。
借り入れ先にどのような措置を取ってもらえるかはわかりませんが、やはりまずは相談に行かなくては、何も始まりません。

 

遅延で悩んでいる人は、家で悩んでいるよりも、1日でも早く借入先に相談に行くことをおススメします。