住宅ローンの支払いが間に合わない!

保証会社があなたに変わって返済する!

住宅ローンの支払い遅延で、3カ月以上になってくると債権者から【代位返済】が求められるようになります。

 

代位返済というのは、債務者に代わって、保証会社が債権者へ一括返済してくれるシステムです。

 

しかし、保証会社が一括返済してくれた分は、当然債務者も返済しないといけません。

 

 

そして代位返済してもらった場合、損害遅延金を含めた一括返済を求めてきますので、これまで以上に厳しい状況になります。

 

やはりクレジットカードや、キャッシングの返済でも、1回や2回の返済遅延では何も言ってこないですが、やはり長期になってきますと、一括返済を言ってくるケースがあります。
住宅ローンでも、やはり長期の返済遅延が起これば、一括返済の可能性が出てくると、まずは覚悟をしなければいけません。

 

代位返済で一括で返済が可能な人であれば、多くの人は、事態が重くなる前にしっかりと支払いをしていると思います。
つまり、代位返済にまで発展してしまった人というのは、大体の場合、一括返済が出来ないのに、一括返済を強制されるような状態になってしまっているから、事態が深刻になっているのです。

 

マイホームを売っても、一括返済が厳しいことから、住宅ローンの支払い遅延をしてしまった人は、現実的な方法としては、やはり任意売却で分割払いを選択する方法しか、残されていないのが現状です。
一括返済が無理と開き直っていると、財産の差し押さえなど、最悪の事態に発展しますので、必ず債権者の元へ相談をしに行くようにしましょう。

 

年14%の遅延損害金を一括返済

代位返済の場合、保証会社に返済しないといけない金額はどのくらいになるのでしょうか?

年14%の遅延損害金を加えた額を一括返済しないといけなくなってきます。

 

代位返済は、競売と同様に、分割払いという方法が選択できないため、一括返済が困難な人にとっては、非常に苦しい状況です。
やはり一括返済が嫌な場合は、早めにマイホームを任意売却することを考えたほうが賢明です。

 

マイホームの売却については、やはり世間体を気にしたり、家族の反対に遭ったりして、なかなか個人の一存では決定しにくい部分があります。
特に支払い義務のある男性よりも、専業主婦などの女性の方が、マイホームを手放すことに抵抗を示すことも多いです。

 

こうした場合、女性が外に働きに出て、住宅ローンの支払いを楽に手助けすれば、なんとか住宅ローンを支払い続けることもできます。
しかし、女性側の収入がなく、働きに出るのを嫌がる場合などは、やはり男性だけの収入で住宅ローンを支払わないといけなくなってしまいますので、やはり状況は苦しいままです。

 

住宅ローンで代位返済にならないようにするためには、やはり家族の世帯収入を上げたりして、家族全員の協力が必要になってきます。
共働きをしている家庭の方が、どっちかがリストラされても、収入が途切れないので、やはり世帯収入が安定しやすいです。

 

いざという時に、専業主婦の女性は外に働きに出る覚悟が出来るかというのも、住宅ローンの返済を切り抜ける一つのポイントになってくると思います。