住宅ローンの支払いが間に合わない!

競売は自分の希望通りにならない!

世間一般のイメージで、【競売】というと、やはりあまり良いイメージがありませんよね。

住宅ローンの支払いが遅延して、競売にかけられてしまう事態まで長引いている場合は、特に買い手も警戒し、なかなか高値では売れなくなってしまいます。

 

競売のお金は、債権者に支払われるため、債務者には一銭も残らないケースがほとんどです。
そのため、競売でマイホームを売りに出すのは、債務者にとって、一番最悪な事態です。

 

できれば、住宅ローンの支払い遅延では、競売になる前に、なんとか任意売却の段階で処分するのが望ましくなってきます。
多くの場合、マイホームを手放するのが嫌で、なかなか任意売却に応じないうちに、競売しか選べない状況になってしまう人がいますが、それはやはり自分自身が状況を悪くしているケースが多いです。

 

任意売却の話が出る時点で、【マイホームの返済能力はない】と、まず自分に言い聞かせることが大事です。
返済が出来ないのであれば、やはり次の住まいや、返済方法を少しでも楽にするように、早め早めの行動に出るのが大事です。

 

任意売却は、マイホームを失ってしまいますが、それでも、競売よりは、条件が全然良いです。
まずは、任意売却と競売の違いを良く知ることが大事です。

 

どうしても不安であれば、任意売却を専門としている業者さんに、話を聞いてみるのも良いと思います。
競売にまで話が進んでしまうと、借金返済はますます苦しくなるばかりです。

 

競売は一括返済が基本

競売は、債務者の希望しない方法で、裁判所がマイホームを強制売却する法的手段です。

そして何よりも、競売が嫌がれるのは【一括返済】が求められるからです。

 

任意売却では、残債務について、生活をしながら無理なく支払いが出来るようにと、分割払いが出来ますが、競売では分割払いが出来ません。
そもそも、住宅ローンで支払いの遅延をしている人が、一括返済をできる能力があるとは思えません。

 

競売にまで事態が悪化している人の多くは、やはり一括返済が難しい状況ですので、分割払いができる任意売却の段階で話をまとめる必要があります。
しかし、家を取られるという恐怖感や不安感から、金融機関などから送られてくる通知書をしっかりと読まずに、任意売却できる期間を過ぎてしまい、自分の過失から競売の事態を招いてしまった人が非常に多いのです。

 

競売で話を片付けるケースというのは、住宅ローンの支払い遅延において、最悪の事態ですから、その前に処分を決めるのがベストです。
競売にまで話が進んでしまった場合、債務整理の専門業者に駆け込んでも、どうにもできない状況にまで陥ってしまっているケースもあります。

 

専門業者を利用するつもりであれば、やはり任意売却を勧められている期間に相談に訪れるのがベストです。
専門業者とはいえども、任意売却を選べなくなってしまった時点で駆け込んでも手遅れです。

 

やはり代位返済を迫られるようになった時には、そろそろ本気で任意売却を考えてみる時です。